· 

銀座であれこれ

10月2日(月)の午後から銀座へ出かけました。最初の目的は、この日が最終日であった「手仕事・直売所」を見るためです。教文館は、先日行ったばかりの家内がもう一度、寄りたいというので行きました。私は教文館は久しぶりでしたが、行って良かったです。

 本の上に乗っているスプーンは、「大久保ハウス木工舎」の大久保公太郎さんが作られたものです。桜材に黒漆を塗っているとのことでした。贅肉を削ぎ落としたフォルムが美しいです。

 教文館で購入した工藤直子さんの「のはらうた」版画詩集は、家にあったものは孫にあげてしまったので、再度購入しました。工藤直子さんは、家内の以前からのお気に入りです。私は、今回、教文館のミニコーナーでじっくりと作品を見て工藤さんのセンスや表現に、はっとなる思いでした。


 私はMacユーザーなので、銀座へ行くと、Applestoreは覗くことが多いです。Magic Trackpad 2は面白いです。指1本から3本まで色々な操作を割り当てることができます。しかし、微妙な操作には、マウスの方が良いのかもしれません。

 夕食には少し早いので、群馬県のアンテナショップ「ぐんまちゃん」へ行くことにしました。その途中「銀座1美味しいモンブラン」と看板に書いてあるケーキ屋兼喫茶店に入りました。美味しいのですが、銀座1番かどうかはわかりません。紅茶が美味しく、ゆったりとした気分になれました。


「ぐんまちゃん」は歌舞伎座のちょうど向かい側です。以前来たときは、大勢の人で賑わっていましたが、平日で時間帯の関係もあるのでしょうか、外から覗いて「あれっやっているのかな?」という感じでした。

 有楽町から銀座周辺には、地方のアンテナショップが色々あり、周って見ると面白いです。つい色々買ってしまいますが。

 銀座通りに戻るとまだ6時前でしたが、ABCラーメンに入りました。銀座で食事をするときは、大抵ここです。胡麻の効いた麻醬麺がくせになる味です。吉野家の看板の影で、しかも地下なので、わかりにくいですが、リピーターが多いと思います。